枝葉末梢より本質を

2018/7/2

 先日、若い者に言われてしまいました。
「社長、ホームページ、全然、更新していないじゃないですか。ブログはお孫さんのことばっかりで・・・。」                        

・・・それに対して私は、
「言うべきことは全て書いてある。書くことがあるとすれば見積もりに関して書く位だ。写真なんかいちいち交換していたら、時間ばっかりかかってしまう。仕事をしていれば写真が増えていくのは当たり前だし、そのたびに時間を割いてHPばかりいじっているわけにはいかないんだよ・・・。」  その後、若い者は何か言いたそうでしたが、黙ってしまいました。

 更新をさぼる言い訳でしかありませんが、実際、面倒でしょうがない。
お客様に知らせたいことはしっかり書き込んであるし、このほか、何を書けと言うのか?
ちゃらちゃらと飾り立てる暇があったら他にやることがたくさんある身では、HPの存在はうとましいと思うほどです。(小さい会社なものですから・・・)
 が、お客様には私の仕事に対する気持ちを知ってもらいたいし、知り得た知識も必要程度、知ってもらいたい・・・。

 そんな自分から見て、他社のホームページは実に良く作られています。ホームページのみならず、チラシや広告なども・・・。

 まるでメーカーがペンキ屋さんを対象とした広告を出しているみたいで・・・。

 確かに近頃のお客様は、インターネットなどの普及で、その知識は豊富で、こちらが舌を巻くほどです。

 お客様に尋ねられれば仕方ありませんが、いきなり広告で「シリコン樹脂塗料を使うから・・・云々」と謳ったところで、素人のお客様に何がわかります?逆に「ウレタンアクリルシリコン樹脂はそれに比べてどうなの?」なんて電話で問い合わせがあったら、その場で即答できるでしょうか?

 私どもは契約を頂いたとき、見積書・契約書、保証書・仕様書を提出します。その仕様書には、使用機材、使用材料の全ての解説をしてあります。契約以前は口頭で各使用材料の効能を言うだけです。

 私が言いたいのは、職人として、こだわりを持った仕事をしていますか?と、言うことです。

 メーカーの製品の効能に、おんぶにだっこのセールストークやチラシ・広告には、職人さんは不在です。

 メーカーの製品のいい所ばっかり信じて、ちゃらちゃらと上辺を飾るのはいかがなものでしょうか?

 例えば製品に欠陥があって、後に苦情が出たにしても、メーカーは「塗り方が悪いんだろう」で、終わりです。  経験を積んだ職人さんは思い当たるでしょうが、二昔位に流行った「単層弾性材」は塗った後、膨らんでしまう、膨らみやすいということで、もう、使う人もいないでしょう。又、「万能下塗材」みたいに売り出した微弾性の材料も、やはり膨らみやすい(家の構造上、又は壁材の性質上の原因もある)という事が後に解りました。今では改良されたものが出ています。大学出の偉い人たちが開発した材料でさえこの有様・・・。ま、所詮、人間の作るものですから当たり前といえば当たり前。

 材料を塗ればいい、後はメーカーの責任だ、と、言うような職人さんは、いないと思いますが、職人さんの「塗装業」としての本質を忘れず、お互いに精進を重ねていきたいと思います。

 では、塗装の本質とは?

 それは「美観」と「保護」です。下地を守るという観点に立てば、自ずと塗り方も変わってくるでしょうし、どのように塗り上げていくかも判ります。また、材料の選択にも言及することになるでしょう。メーカーが開発したいろいろな樹脂や機能も、いかに長持ちさせるか、という事に尽きるのではないでしょうか?

 「美観」は「保護」を考えて塗っていけば、後から付いてくるようなものです。保護を考えて塗っていけば、その美しさは当然、長持ちしていくでしょう。

 今回、お客様に読んでいただくというより、同業者に向けてのような内容になってしまいました。

先日、あまりにひどい業者を見たものですから・・・

 

 

 

 

ブログ